お得感が半端ないということから人気な株主優待ですが、恩恵を受ける際に注意しておくことがあります。株主優待について情報をまとめてみました。

楽しく打ち合わせする男女
お知らせ
スーツを着る女性

株を行っている人の中では、単純に株の利益を求めている人や株主優待でGETできる自社製品や商品券などを目的にやっている人など目的が様々です。
特に個人の投資家の中では株主優待を目的としてやっている方も少なくありません。
株主優待を手に入れるなら、権利確定日まで待つことが重要です。
これは一種の常識的なことなので、投資の初心者は理解しておきましょう。
株主優待のある企業の株式を購入したとしても、その時点で自動的に株主優待がついてくるわけではありません。
お店で景品付きの商品を購入するのとは訳が違うのです。

また、投資信託を使って投資を行う場合、株主優待が受けられない可能性もあります。
投資信託を使っている人で株主優待を目的とする場合は、投資信託解約のメリットがあるかもしれません。

実際に株主優待を手にするためには、権利確定日においてその株式を保有している必要があります。
株主優待は、一般的には1年に1回または1年に2回提供されているでしょう。
このようにある時点で優待を提供する場合、1年間ずっと継続的に保有してくれている人に提供するのはごく当然のことです。
では1年のうちに1日だけ、1ヵ月だけ保有している人に対して優待を提供するのかどうかという問題が生じてきます。

この問題を解決するために設けられているのが権利確定日です。
詳細は個々の企業ごとに定められていますが、典型的な例としては、3月31日時点で株式を保有している人に対して、5月に優待を送ります、というようなものです。
もし1年に2回提供しているのであれば、3月31日時点で保有している人に対して5月に、そして9月30日時点で保有している人に対して11月に送るというのが一つの例です。

こうなると、例えば3月30日に購入した人は優待の権利があるのに対して、4月1日に購入した人は5月の優待は受けられません。
わずかの購入日の違いで優待が受けられる人と受けられない人が出てくるわけです。
これは売却するときも同じです。
3月30日に売却してしまっては5月の優待をみすみす逃すことになります。
4月1日に売却すれば5月の優待も手に入れることができるのです。

記事一覧

現在は株主優待が注目されていまして、優待の商品が何であるかでどこの株を買うかかなり重視している一般の...

最近は株主優待に注目が集まっています。 優待品が何かでどこの株を買うか決める人も多いのです。 また今...

株式投資によって得られる利益は配当金や株主優待です。 配当金を得ますとその収益は全額自分のものになり...

三島は有名な企業の工場が多く集まっていることで有名です。 その理由としましては、気候が温暖なこと、水...

打ち合わせする人たち

株式に投資して得る利益はまずは配当金と株主優待です。 株は株価が低いうちに買うのが鉄則で高くなって売...

日本円

今は少額投資非課税制度NISAができていますので初めて株をやってみようという人にも便利になりました。...

グラフ

超低金利からマイナス金利時代となり、庶民の暮らしにも影響が出始めています。 定期預金や個人向け国債の...

グラフ

食事券やクオカード、オリジナル商品など、魅力的な優待品や優待サービスを株主に還元する会社が多くなって...